ハイブリッドカーや電気自動車は水没や冠水で感電しないの?

知恵袋

ハイブリッドカーや電気自動車は水没や冠水で感電しないの?

ハイブリッドカーや電気自動車の保有台数は、年々増加の一途をたどっているが、大きな水害や道路・駐車場での冠水で感電することはないのだろうか?

自動車を動かすくらいの電圧に水となると、なんだかとてつもなく危険な気がしますよね。

 

そこで様々なサイトを調べてみると、結論から言えば感電することは「ほとんどない」ということでした。

しかし水没したり、事故をした場合に、ハイブリッドカーや電気自動車に近づかないように言われるのはなぜなのか、感電との関係はないのかを記事にしてみました。

 

ハイブリッドカーや電気自動車は水没・冠水時に感電しない?

ハイブリッドカーや電気自動車は水没・冠水時に感電しない?

 

結論から言えば、ハイブリッドカーや電気自動車が水没・冠水した場合に、感電することは「ほとんどありません」。

ハイブリッドカーや電気自動車は、自動車メーカーによる水没時の対策がしっかりとされているからです。

 

ハイブリッドカーや電気自動車には、高電圧バッテリーが搭載されていますが、事故の衝撃や異常な漏洩電流の検知などがあると、車体と高電圧回路が自動で即座に遮断されるため感電することはまずありません。

なので、車の持ち主や救助時の時のように、水没車両の近くに人がいても感電するということはまずないんです。

 

「ほとんどない」という言われ方をしているのは、感電の可能性が絶対ないと言い切れない例があるということです。

たとえば、事故による車体の破損が大きかった場合や、濁流などで石や岩による車体への被害が大きかった場合には、高電圧回路の状態やバッテリーそのものの状態が想定外であるため、感電の可能性が生まれてくるんです。

 

救助の場合であっても、レスキュー隊員がしっかりとした絶縁装備をしているのは、こういった予測できない状態に対応するためでもあります。

後述しますが、どちらにしてもハイブリッドカーや電気自動車が水没した場合は、このような「例外」が起こっている可能性や、水が引いた後の車体の状況にわからない点が多いため、むやみに触ったり、エンジンをかけるような行為はしないようにしましょう。

 

ハイブリッドカーや電気自動車の水没・冠水後にしてはいけないこと

ハイブリッドカーや電気自動車の水没・冠水後にしてはいけないこと

 

水没・冠水後に、水が引いたからといって、すぐにやってはいけないことがあります。

たとえ水没・冠水したときのために、絶縁されるようになっていたとしても、水没・冠水のあとは車両そのものに、どのような不具合や破損が起こっているかわかりません。

 

また、水没・冠水が起こる場合は、付近のごみや泥などが車体に残っている可能性が高く、この状態でエンジンをかけようとするとショートしやすい状態にあります。

場合によっては、車両火災を引き起こす可能性もあるので、水が引いたからといって、すぐにエンジンをかけようとせずに、ロードサービスやメーカーなどの自動車販売店に問い合わせましょう。

ポイント

  1. エンジンをかけない
  2. バッテリーの端子(マイナス側)を外す
  3. 外した端子がバッテリーと接触しないようにガムテープなどで処置をする
  4. ハイブリッド車(HV)・電気自動車(EV)はむやみに触らない

引用元:「JAFニュース」海水による冠水車両に火災の恐れ 被災車両は「むやみに触らない」、「バッテリーを外す」より

以上のようなJAFの注意喚起もありますが、ハイブリッドカーや電気自動車の場合の水没・冠水後は、むやみにボンネット内や車体裏などを触らないようにしましょう。

 

まとめ

ハイブリッドカーや電気自動車が水没・冠水した場合に、感電することは「ほとんどない」ということがわかりました。

しかし、水が引いたからといって、エンジンがかかるかどうか自己判断で試すのは、危険なのでしないようにしましょう。

 

河川に近い駐車場や、もともと水はけの悪い土地などに車を駐車している場合は、車の水没を認知した時点でJAFなどのロードサービスや自動車販売店などに、あらかじめ水が引いた後の対応を確認しておくといいですよ。

泥水と海水でも、被害の状況は全然違ってきます。

 

特に海水の場合は、車体のいたるところが、錆による腐食・劣化が急激に進んでしまいます。

地域によって過去に災害による冠水・冠水被害の記録が残っているので、車を使用するエリアや駐車場付近の状況などは、事前に調べて対策を考えておくことも大事です。

 

備えていても、どうしようもないような自然の脅威もありますが、憂いへの覚悟はあったほうがいい時代になっているといえます。

-知恵袋

© 2020 Niifu Blog