クリスマスと誕生日が近い子どもへのプレゼント!1つにまとめたくない理由と我が家の解決策を紹介

家族

クリスマスと誕生日が近い子どもへのプレゼント!ひとつにまとめたくない理由と我が家の解決策を紹介

こんな方におすすめの記事です

  • 12月生まれのお子さんをお持ちの親御さん
  • 12月生まれのお孫さんをお持ちのおじいちゃん、おばあちゃん

12月生まれのお子さんをお持ちのご家族の方は、誕生日プレゼントとクリスマスプレゼントを別々にしていますか?

それとも合わせてプレゼントしてますか?

 

子どもの立場に立ってみると、誕生日とクリスマスのプレゼントが合わせて一つだと、なんだか損をしたような気分というか寂しい気持ちになりそうですよね。

我が家には、11月生まれの次女と12月生まれの長女がいるのですが、なんとかうまくやってこれた実体験も交えてその方法をご紹介しようと思います。

 

ポイントは、それぞれのプレゼントに暗黙の意味を決めることと、年齢に合わせた対策を考えることです。

 

誕生日とクリスマスのプレゼントは別々にしてる?

誕生日とクリスマスのプレゼントは別々にしてる?

 

子どもが小さいうちは、なんとなくごまかせたりもしますが、幼稚園や小学校に入ることになると、お友達からいろいろな情報を得るようになります。

すると、別の月のお誕生日の子は、誕生日プレゼントとクリスマスプレゼントが別々なのに、自分は1回しかプレゼントをもらっていないことに、突然気づきます。

 

プレゼントを併せて、2回分の少し豪華なものを準備しても、やはり2回もらったほうが単純に得な気持ちになりますし、「誕生日なのに…」となんとなく寂しくなります。

 

ちなみに、僕も12月生まれなのですが、ありがたいことにちゃんと分けてもらえてました。

何気に同じ月に2回プレゼントをもらえるのは、他の誕生月の友達よりも得した気分で嬉しかったのを覚えています。

 

我が家には二人の娘がいるのですが、妹のほうが11月に一足早く誕生日を迎えるので、12月生まれのお姉ちゃんはたとえ誕生日でも、妹だけがプレゼントをもらえるシステムに納得がいかなくて毎年すねていました。

そこで、まず奥さんと決めたのが、プレゼントの意味を明確にすることでした。

 

ポイント

  • 誕生日…子どもの成長をお祝いするのでおもちゃ以外のプレゼントにする
  • クリスマス…サンタさんが良い子に欲しいものをプレゼントしてくれるのでおもちゃをプレゼントする

 

誕生日にはおもちゃ以外のもの、たとえば絵本や塗り絵、色鉛筆など、成長とともに出来るようになるもの、興味を持ったものをプレゼントするようにしました。

クリスマスには、サンタさんからのプレゼントということで、事前にリサーチしたり、サンタさんへのお手紙を書く(代筆)ことで、子どもたちの希望にできるだけ近いものをプレゼントに選んでいます。

 

こうすることで、それぞれの誕生日に自分がもらえなくても、お互いが教えたり教わったりして、プレゼントしたものを共有してくれますし、おもちゃでない分、嫉妬に似た感情もかなりセーブできます。

まだ幼いこともあって、誕生日プレゼントのほうのコンセプト的には金額がはらないので、その分クリスマスプレゼントに回せるので助かりますよ。

 

誕生日とクリスマスのケーキはどうしてる?

誕生日とクリスマスのケーキはどうしてる?

 

子どもたちのお母さんや職場のおばちゃんたちと話していると、ケーキをどうしているのかという話題になります。

誕生日とクリスマスのケーキをガッツリ違うものにするのか、同じようなケーキにしているのかという疑問ですね。

 

たまたまなんですが、長女が乳アレルギーを持っているので、我が家の場合、奥さんが手作りでケーキを作っています。

もともとお菓子やケーキを作るのが好きなんですが、ちゃんとアレルギー対応で作れるのはもう尊敬しかないですね。

 

ちなみに、誕生日の時はホールケーキを作って、子どもたちと一緒にデコレーションするのが恒例になりつつあります。

クリスマスのケーキは、ロールケーキやシフォンケーキが多いですね。

 

ケーキのほかにも、誕生日やクリスマスにはちょっとしたごちそうを準備するので、子どもたちはテンション高くて、かなりにぎやかなパーティーになります。

我が家では、誕生日には主役の好きなもの、クリスマスにはクリスマスっぽいものをメニューにしています。

 

プレゼントと同じで、それぞれのイベントに意味を持たせているんです。

 

まとめ

12月生まれの子どもがいる場合、プレゼントやケーキを別々にするか合わせるかということですが、我が家を含めて別々のものにしているご家庭が多いです。

ママ友さんたちと話していても、やはり誕生日は「特別な日」として捉えているようですね。

 

きっと、12月25日生まれでも別々にしますね!

 

「子どもが12月生まれだと、クリスマスと一緒にできていーわね」なんていう人もいますが、12月生まれのお子さんがいないからそういう発想になるだけなんだと思いますから、真に受けたりして気にしないほうがいいですよ。

 

誕生日は子どもの成長をお祝いする日、クリスマスはサンタさんがプレゼントくれる日というコンセプトは、自分たち親も納得できるのでおすすめです。

-家族

© 2020 Niifu Blog