30代になれば男は誰でも悩む?成功体験や自信のなさを解決できない人は多い

働くこと 知恵袋

30代になれば男は誰でも悩む?成功体験や自信のなさを解決できない人は多い

20代はそんなに悩まずに、仕事もプライベートも爆進する人は珍しくありません。

体力も気力もみなぎっていて、勢いがあるともいえるほど、あまり迷いなく打ち込めちゃいますよね。

 

しかし、アラサー、とくに30代に突入したあたりで、急にいろいろなことが見えてきた気がして、漠然とした不安に駆られる人もまた多いです。

ひとりの大人として、将来のこと、これからの自分のことで悩む時期なのかもしれませんね。

 

ただ、悩むのはいいんですが、そこから抜け出せずに、長い間、悩んじゃう人も多いんですよ。

そこで本記事では、30代で悩む男性が悩みから抜け出すためのヒントを考察してみようと思います。

 

男性は30代になれば誰でも悩む?

男性は30代になれば誰でも悩む?

 

30代に突入すると、急に今している仕事や将来への不安が頭の中をよぎることが増えてきます。

経済学者でも心理学者でもない僕ですが、同じような時期に悩んでいる男性を何人も見てきたし、僕自身も悩んだ経験があります。

 

しかしまた、なんで急に、いろいろなことに対して不安を覚えるのでしょうか。

その答えの一つとして、急に視野が広くなる瞬間があるのだと僕は思います。

 

「大人」としての情報と経験がニアピンで近づく時期ともいえるのかなって。

20代で学生から社会人という経験をして、自分で働いて稼いだお金で生活をすることを繰り返していくうちに、同世代の結婚や昇進、転職などを目のあたりにすると、つい自分と比較してしまいますよね。

 

「自分はこのままでいいんだろうか。」

「所帯を持って、子どもの未来についても考える時期なのでは」

 

同じようなスタートラインにいたはずの同世代の人間が、何歩も先を進んでいるような、置いてけぼり感を不安に感じるのは、当たり前だと思います。

しかし、自分がいま、どんなにがんばっていても、追いつける気がしないことで、悩みは解決されないまま、気持ちが暗くなってしまうことだってありますよね。

 

「この努力はいつかは報われる」

そう思って何年も経ってしまうと、思考停止で生きてしまいがちなので、それは避けたいところです。

 

30代でも成功体験や自信のなさを解決できない男性って意外と多い

30代でも成功体験や自信のなさを解決できない男性って意外と多い

 

将来の不安に関しては、おそらくほとんどの人が体験する悩みです。

ズルズルと解決できない悩みを引きずってしまうのは、悩みを解決できるだけの「自信」と「経験」がないから

 

「俺だってもっとすごいことができる人間だったら」って、こういう言い訳にいきついてしまいがちですよね。

しかし、そもそも悩みを解決できないのは、自分の中に答えがないからです。

 

そして、先をいっていると思う人たちと比べて、自分にはそんな悩みを乗り越えられるだけの「自信」も「経験」もないと思い込みがちです。

少なくとも、「経験」は自分が動き出さないと得られません。

 

RPGで、ずーっとお城の中の人の話を聞いてたり、ツボの中を調べてても、レベルは上がらないですよね。

城の外に出て、フィールドやダンジョンの敵をやっつけて、経験値を得ることでレベルは上がります。

 

現実世界もこれと同じ。

どんなに頭の中で考えてても、どんなに調べつくしても、とりあえず、その頭の中のことを使って、なにかやってみないことには「経験値」になりません。

 

「なにかやってみるっていったって、なにすればいいんだよ⁉」って、いう人もいるでしょう。

それこそ、自分で考えて、自分の挑戦したいことを見つけないと意味がないんですよ。

 

誰かがおすすめした道なんて、本気でやってみたいと思わなければ、余計なおせっかいと同じです。

そして、すすめた人の責任にして、辞めてしまうでしょう。

 

30代になって残り少ない自信を取り戻す方法はあるのか

30代になって残り少ない自信を取り戻す方法はあるのか

 

自信を取り戻すには、「成功体験」の積み重ねが有効だといわれています。

事実、僕もうつのときにマイナスだった自信を、小さな成功体験を積み重ねることで、なんとか復活することができました。

 

「小さな成功体験」ってなんぞや?って思いますよね。

実際のところはなんでもいいんです。

  • 毎日5時に起きてコーヒーを入れる
  • 1日1ページは本を読む
  • 腹筋を1日10回する…など

 

ふつうに生活しているだけでも、じつはけっこう、いろんなことができているもんです。

しかし、自分よりもレベルの高いことや、継続がむずかしそうなことをしている人と比べることで、過小評価してしまいがちです。

 

なによりも「継続」に関しては、それだけでもすごいことなんですよ。

小さなことすら継続できな人は、すんごい目標を立てても、まず3日坊主で終わるでしょう。

 

逆に、1か月でも、毎日5時に起きて、お湯を沸かしている間に腹筋10回して、コーヒーを入れるという日課をこなせれば、自分でもびっくりするくらい自信につながります。

もう一度いいますが、大切なのはどんなすごいことをやり遂げるかではなく、自分の立てた目標をやり抜けるかどうかです。

 

この小さな成功の積み重ねという経験を得ていけば、1日1ページの読書が、一か月に1冊の読書になりますし、腹筋の回数だって30回くらまでならすぐに達成できるでしょう。

そこからどんどん伸ばしていってもいいし、愚直におなじ数字を繰り返すのもアリです。

 

とにかく、できることを意識して続けることが大切です。

そのためには、惰性でするのではなく、できたかどうかのチェックをすることは大事ですよ。

 

まとめ:現実的に報われない努力はあるが次へつながる

今回の記事では、30代で悩む男性が悩みから抜け出すためのヒントを考察してみました。

自信のなさや成功体験の積み重ねは、言うのは簡単ですが、なかなか思うようにはできなのがふつうです。

 

また、将来への不安に対して、対策を立てようとさまざまな努力をしていても、その努力が必ずしも報われるとは限りません。

誰もが「努力は必ずしも報われる」ということになってほしいのですが、現実的にはなかなか厳しいもんです。

 

しかし、努力をした経験は自分の中に残ります。

これは大きな成功を生み出さなかったという結果に終わっていても、いままでやったことのなかった、未経験の領域に一歩踏み込んだという「経験」になります。

 

その一歩がなぜ結果に結びつかなかったのか、選択肢の一つが違っていたとすれば、今度はなにをすべきなど、次への一歩につながります。

頭の中で悩むだけで、行動にうつさなかった人に比べれば、100万倍の進歩があったといってもいいですよ。

 

興味や挑戦してみたいことががあれば調べる、調べた結果についてなんかやってみる、その結果はアリなのか、ナシなのかは、そのときになってみないとわかりません。

ただ、悩みとして頭の中がスッキリしない日からは、脱出できてるはずですよ。

-働くこと, 知恵袋

© 2020 Niifu Blog